電子書籍読み漁り徒然草 TOP書評一覧 >男たちの好日(1)

男たちの好日(1)

男たちの好日(1) 電子書籍の購入

kindle

著者名 書籍ジャンル 発行日 クチコミ評判
新井英樹 コミック H26年5月23日 -

書評

■かじめ焼きで国の柱となる男たちの物語

情熱をもって何でも取り組んでいる人の姿は素晴らしいものです。このような人たちの体験などを描いた本は人気があります。

中には、元気や勇気が得られるような本もあるので、読んでいるうちに「頑張れる自分」にしてくれるものもあるでしょう。そんな「頑張れる自分」になれる本を私もようやく見つけました。

それが、明治後期から昭和初期の体験を描いた「男たちの好日(1)」です。

この本は、激動の時代を一生懸命に駆け抜けた男たちの物語の本です。この本では、不真面目であった主人公の牧玲睦が、母の戦死をきっかけに心を入れかえます。
そして、母のかじめ焼きを継承した主人公は、玉岡、花野木という男たちともに会社を設立し、産業界で力をもつ財閥などと闘っていくストーリーです。なかでも「国の柱」となろうとする主人公たちの想いは、ものすごく関心させられますし、深い熱意を与えてくれました。

一緒懸命になる彼らは、戦死した主人公の母がいつも言っていた「われ日本の柱とならん」を目指していました。「自分のため」でなく「国づくり」に全てを賭ける姿は、今ではなかなか見られない感動を与えてくれます。この本は、今の時代だからこそ読んでもらいたい本です。


書籍ジャンル

書評一覧

本サイトについて